• HafuTalkProjectTeam

御礼――メディアとしてのHAFU TALK





みなさま


HAFU TALK立ち上げメンバー、ケイン樹里安です。


手づくりメディアHAFU TALKの応援、誠にありがとうございます。


右も左もわからないなかで、「えいやっ」と思い切って始めた当プロジェクト。

おかげさまでクラウド・ファンディングは当初のゴールの次のレベル、100%を超えたネクスト・ゴール、158%まで達成することができました!

本当にありがとうございます!!



ハーフと海外ルーツ、その身近な人々をつなげる、むすぶ、メディアとしての、HAFU TALK。


1歩は大変かもしれないので、まずは「半」歩ずつ近づきあって語り合うメディアをつくりたい。


その想いで、ここまで走ってまいりました。


息切れしたときも、力みすぎたときも、「目立ちたくてやってるんじゃないの?」「もっと苦しい状況にいる人ならまだしも・・・」といった厳しい言葉を投げかけられたときも、いろいろ、ありました。


ですが、そのたびに、あたたかい言葉をかけてくださり、支えてくださり、応援してるよっと声をかけてくださり、シェアしてくださり、応援も、支援も、してくださる方々が次々にあらわれて、とてもとても、心強かったです。


皆様のおかげで、まずはファースト・ステップ。「クラウド・ファンディングによる足固め」をしっかりとやり抜くことができました。本当に、めっちゃ、ありがとうございます。

HAFU TALKは、ライフワーク。


息長く、ゆっくり、華々しくなくとも着実に、真摯に、続けていくこと。

そこを目標にしています。


「おつかれさま、もう大丈夫」と、ハーフや海外ルーツといったカテゴリーで呼ばれ、時に振り回されてきた人々すべてに、そして、身近な人々に、笑顔で言ってもらえる日が来たらいいな、と思ってやっていきます。


ところで、厳しい言葉を投げかけられることで、スッキリと、言葉にすることができるようになったことがあります。


「目立ちたいだけ」という言葉。


まず、僕たちは地味なWEBメディアの立ち上げを息長く続けていくことを、目的にしています。ですので、「目立つ」という目的は、だれかにお譲りしたいと思います。

どうぞ、がんばってください。


「目立つ」ことで何かマシなことが起こるのなら、手段としてやってみることはあるかもしれません。ただ、それは、手段であって、目的ではありません。あくまでも、手段は手段。

もし、僕たちが、何かをまかりまちがって、「今からアイス10キロを1時間で食べまーす!挑戦です!」みたいなユーチュー〇ーのような投稿を始めたときはみなさま大至急・全力で止めてください(笑)目的を思い出せ、とおっしゃってください。


そして、「ハーフや海外ルーツの『しんどさ』はまだマシ」といった言葉。


「もっと苦しい状況にいる人」の「しんどさ」がある社会と、ハーフや海外ルーツの「しんどさ」がある社会。同じ社会なので、もしかしたら「しんどさ」が重なっていたり、似ていたりするかもしれません。だとしたら、ベストではなくっても、ベターなカタチでHAFU TALKをやってみる価値はあると思います。


「やればやるほど、逆にしんどくなるかもしれないよ?」という言葉がどこかから、聞こえてきそうです。なるほど、そのリスクはあります。でも、今まで「やらないことでほったらかされてきた部分」があるのでしたら、「やる」意味はあるのかな、と思っています。

「自分のほうが、うまくやれる!」。そう思う人もおられるでしょう。


心強いです。連携しつつ、できることは一緒にやっていきましょう。僕たちに見えること・聞こえること・感じとれることには限界があります。僕らなりに、ゲストコラムやインタビュー、アート・プロジェクトといった多角的な方法でやるつもりです。それでも、限界はあります。ぜひ一緒に、それぞれの持ち場で、それぞれのスタイルでやっていきましょう。


HAFU TALKは、身体的な特徴、ルーツ、言語、生育環境、地域とのかかわり、ジェンダー、セクシュアリティ、宗教、学歴、障害(インペアメント、ディスアビリティ)、家族構成、世代、職業、趣味・嗜好……がそれぞれに異なる、それぞれの「ハーフ」や「海外ルーツ」といった、「日本人」という謎めいたカテゴリーの中に入れられたり、出されたりする人々、そして、そう呼ばれる人々の身近にいる人々の、それぞれの「しんどさ」を発信したいだけではないのです。


「しんどさ」を生み出し、維持し、さまざなまカテゴリーで名指され、名乗る人々を、振り回そうと待ち構えている、ほかでもないこの社会の仕組みについて、考えたいのです。

それぞれの人々が、それぞれの「しんどさ」を抱えている。


「しんどさ」を生み出す仕組みに、みんなでグイッと迫るためのメディア。

それが、HAFU TALKです。


はじめ、僕たちは、このメディアの「中」で、迫ろうとしていました。

でも、クラウドファンディングの途中で、ありありと気づかされました。

さまざまな人々の、いろいろなTALKは「中」に閉じることなく、HAFU TALKを1つのきっかけとして、さまざまなソーシャルメディアの上で、そして、実際にお会いした時に、次々に生まれていくということを。


TALKは、立ち上げたてのWEBメディアの「中」に閉じることなく、その「外」でも、

場所を、国境を、時間を越えて、ポコポコと生まれることを知りました。

これからも、さまざまなTALKが生まれる「きっかけ」の1つを、発信できるメディアでありたいと思います。


HAFU TALK。


なんとも、因果な名前をつけました。

この因果な名前から、考え始めたいと思います。

1歩が大変ならば、まずは、その半分。


半歩から。


ここからが幕開け。

ズッシリとした責任に身が震えます。

ゆるゆると、ぼちぼちと、頑張ります。


さて、長くなってしまいました。

最も言いたいことを言って、本コラムを、しめます。

さまざまなカタチで支えてくださった、おしみない応援・ご支援・ご協力をくださったみなさま。


本当に本当に、ありがとうございました!!!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


HAFU TALKプロジェクトメンバー

ケイン樹里安

163回の閲覧

HAFU TALK

©hafutalk

created by hafutalkprojectteam

​※サイト内の文書・写真・データ・図表などの無断転載は禁止です。

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon